月別アーカイブ: 2017年5月

生理の時の重い腰痛は腰痛マットレスを使っても回避できないのか?

腰痛マットレスを使っているからといっても、生理痛からくる腰痛など防ぎようがないものもあります。

私は生理の時に重い腰痛があります。どう表現したら良いのか分かりませんが、腰が砕けるような、腰から下を切り取ったらどれだけ楽か!と思うような、重たい感じがします。汚い話ですが、母に「トイレで力むのが一番になる気がする(もちろん「気がする」程度ですが)」と話したら、「それは陣痛に似ているね」と言われました。
排卵痛の時はまっすぐ歩けないような腹痛に襲われますが、生理痛は思い腰痛。そして鎮痛剤はまず効きません。

生理からくる腰痛は腰痛マットレスでも防ぎようがないの?

だから例え夜中であっても生理が来ると腰痛で目が覚め、「あ、来た!」と分かります。生理開始から初日2日はとにかく出かけるのは無理!というくらいの腰痛に襲われますが、今のところ唯一効くと分かっている鎮痛剤を飲むようにしています。これがなくなると地獄です…!しかもこの鎮痛剤、だいぶ強いものらしいんですが薬局によっては売っていません。そのため、なくなると分かった時点で探しに行かなければなりません。前回買った場所にまたあるとも限らず、ちょっと大変です。

この腰痛で一番つらかった出来事は、成人式の日に生理になったことです。成人式は中学ごとに招待されますが、私は私立中学だったので、地元の中学のメンバーと同じ時間帯で招待されていました。そこで同じ時間帯だった、同じ中学の同級生と行く約束をしていました。母が着付けをしてくれて、2人で出かけたのですが、まさか振袖を着て長時間座らなければならない日に生理が始まるとは…!その日、その鎮痛剤を飲んだかどうかは覚えていませんが、成人式の長い祝辞が続く中、徐々に笑顔も消えるほどの腰痛に負われた記憶があります。友人は私の生理痛が重いことを知っていたので、さりげなく支えてくれました。

成人式が終わり、私たちは同窓会をする予定もその日にはありませんでしたので、友人のお母さんに迎えてに来てもらって家に帰ってきました。その後友人は彼女の家に戻り、私は両親と食事に行く予定だったのですが、なんせ腰痛が酷い。母は事情を知っていたので振袖を脱がせて、「ちょっと横にでもなってなさい」と言ってくれたのですが、男って本当にだめです。

父親なんて生理痛のつらさも何も分かるはずもないし、その日に振袖を着ることがどれだけつらいかも分かるはずないんですが、私がリビングで座り込んでいたら、私がただただのんびりしているとでも思ったのか、「(食事に)行くなら早く行こうや!(←関西の人なので)」と怒鳴られました。腹が立ってもとにかく痛みの方が酷いので怒鳴り返す気力もなく、気力がないからこそどう言い返したかさえ覚えていません。相当へそを曲げた記憶だけがあり、また、父が母に怒られていた記憶もありますが、自分の発言を覚えていないところが怖いです(笑)

その厄介な腰痛はそれから10年たった今も健在です。排卵の時にはまっすぐ歩けない、とにかく横になるしかないような腹痛に襲われるし、本当に厄介です。でも妊娠し、そのおかげで毎月の恐ろしい腰痛と腹痛がありません!当たり前です、排卵も生理もないのだから。まだつわりが終わらずつらいけれど、あの嫌な腹痛と腰痛がないのでとてもありがたいです。

腰痛は放置しているとぎっくり腰になる可能性もある

もともと腰痛持ちだった私、以前ぎっくり腰を経験して以来は多少の違和感は結構頻繁に感じるので、よほどのことがない限りはそんなに慌てないのですが、最近はちょっとばかりニュアンスが違うような気がしています。
以前ならば腰の痛みや疲れで背中や首などが同時に辛くなる、というのがパターンだったんですが、今は膝のあたりが力が入らなくなってきてるのを気にすることが増えました。

よく股関節の調子が悪かったりするのもあるので、おそらくは下半身全体の筋力の衰えから来るものなんだろうと思っています。
そしてそれが原因で腰に疲れが溜まりやすくなってきた気がするんですね。

かつては膝が弱ってるなんて感じたことはほとんどなくて、実際ぎっくり腰をやってしまった当時も膝に違和感はありませんでした。しっかりと腰痛マットレスを使うのは当たり前です。

こういうケースって専門家ならどう考えるんでしょうね。

先日腰が痛いのでマッサージに行って揉みほぐしてもらいましたが、膝は違和感はあっても別に痛いわけでもないので結局聞き忘れてしまいました。
体っていろんな部分が関連していておかしくないですから、今現在考えられる対処法としては運動して下半身の強化をしていくのがいいんでしょう。
そうすれば腰が疲れることも減るかもしれませんね。

と思ったらとにかくやってみるべしということで、自宅でできることはなんだろう?と考えた末にスクワットを軽く始めることにしました。
スクワットといえば昔プロレスラーが延々とやっているのを見てちょっとやる気が失せたことがあったんですが、その手の知識に明るい友人に相談してみるとそんなにハードにやる必要はないとのことでした。
ゆっくりと膝を90度近くにまで曲げた状態で静止、バランスを取るために両手は前に差し出した格好で数十秒やるだけです。

これが見た目以上にお腹周りは膝に効きます。
友人が手本を示してくれた横でやったらすぐ辛くなって膝がプルプルし始めたので、やっぱり私の体は筋力が低下しているんだろうと改めて自覚せざるを得ませんでした。

でもこういうトレーニングは今後取り組んでいかないといけませんね。

以前テレビ番組でどこかのお医者さんが太ももを鍛えないと血の巡りが悪くなると言ってたのを思い出したんですが、もしかしたらそんなことも腰痛を引き起こす原因になったりするんじゃないのかなと思いました。
いずれにせよ腰痛を回避するために、ただ腰をかばって生活するのではなくて、体を今一度鍛え直す必要がありそうですね。

だからこそマットレスによってケアをしっかりと行っていくことが非常に重要なのです。