月別アーカイブ: 2017年9月

腰に負担のかかる仕事が多かったが、あることをしたら改善した

みんなの腰痛体験談!腰の痛みって辛い!!

私はこれまでの仕事で現場作業員や運送関係、デスクワークなどを経験したことがあるのですが、これらすべての仕事で共通して悩んでいたことがあります。
それが腰痛です。
現代の日本で腰痛に悩んでいる人は本当に多いですよね。

私の周りにも腰痛に悩む人が大勢います。

私がこれまでにやった仕事を見ていただいてわかる通り、肉体労働をしようとデスクワークをしようと、どんな仕事をしようと腰痛の恐怖がついて回るということです。

肉体労働では重いものを持ち運びしたりするので、下手したら腰を壊してしまいかねません。

デスクワークや長時間車に乗る業務も、ずっと椅子に座りっぱなしで腰に負担がかかり同じ姿勢のまま長時間仕事をしなければならないので腰痛の原因になってしまいます。

背筋を鍛えればいいとか、適度に運動を行うと改善できるという話を聞いたこともあるのですが、運動して改善しようにも腰が痛くて碌な運動ができませんでした。

そこで私が腰痛改善のためにやったのが柔軟・ストレッチでした。

布団に入って寝るまでの時間にとにかく腰を伸ばせるようにいろいろなストレッチを行いました。

仰向けで片膝を抱えてみたり、土下座するような体勢になってみたり。

インターネットで「腰 ストレッチ」などで検索して出てきた方法を実践してみました。

そうしたら、驚くほどに腰痛に効果がありました。

ただ、完全に腰痛が消えたわけではないので無理はできませんが、だいぶ改善したのは事実です。

ストレッチをやり始めた頃は、腰痛もありなかなかちゃんとした姿勢でストレッチをすることができなかったのですが、継続するにつれて腰痛が軽減していってストレッチもちゃんと行えるようになりました。

腰痛の辛さはよくわかります。

しかしそのまま放置していても悪化するだけです。

そんな方は腰のストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。

ものは試しで私もやってみたのですが、効果てきめんで腰痛を改善することができました。

ただ実施するうえで注意することは、決して無理をしてはいけないということです。

ストレッチをするとはじめのうちはもちろん腰が痛むのですが、そこで腰痛を治すために無理矢理に伸ばしてしまうと、かえって腰痛を悪化させることになりかねません。

ですので、ストレッチをする際は必ず無理のない範囲で行うのが鉄則です。

継続して行うことで確実に腰痛を軽減することができるので、腰痛にお悩みの方は騙されたと思ってぜひ一度やってみてください。

ぎっくり腰になったことは何回もありますが、私の経験で一番衝撃的なぎっくり腰のきっかけは「うがいをしようとしてぎっくり腰になったこと」です。職場で乾燥するため、うがいをしようと、中腰になった瞬間に魔女の一撃が私を襲ってきました。

ビリッとした、あの電気のような痛みが私の腰に走った瞬間、「ああ、やってしまった!」という悲しい気持ちと後悔が入り混じった気持ちと共に、腰にあのいやな痛みが走りました。
トイレから出てきた私を、同僚が心配します。そして「何してたの?」と聞くのですが、「うがいしていたらなった」というと、「え?うそ?」という反応。私だって「うそ?うがいで?」と思うのですが、なってしまったものは仕方ありません。1週間程度、背中を完全に伸ばせない状態で過ごす羽目になったのでした。
ぎっくり腰になる原因は様々ですが、私の場合は、冷え、生理前、運動不足、ストレスなどが主な原因ではないかと考えています。

ぎっくり腰になるときには、背中や腰、足が冷えていることが多かったり、デスクワークでじっとしていることが多い時などが多いように思います。
また、生理前で骨盤が開いているような感覚があるとき、寝てばかりいる時などは、特になりやすいです。
また、重いものを持つときよりも、うがいや手洗いなどで、少しだけ前にかがむような姿勢を取るときも、腰を痛めやすい気がします。重いものを持つときは、腹筋に力をいれたりして、自分でも気をつけるのですが、手を洗ったり、うがいをするときには意識していないことが多く、特に手洗い場が低い場合は、無意識に前にかがむ姿勢を取っていることが多いように感じます。

最近、ぎっくり腰になることが少なくなりました。毎日軽いストレッチやヨガを生活の中に取り入れるようにしたり、腰を冷やさないようにし、時々背中やお腹を触って冷たいと感じた時には、貼るカイロを使っています。特に夏の冷房は曲者で、頭は冷えて快適なのですが、案外お腹や腰、足には冷えすぎる状態を作っているため、夏でも貼るカイロは常備しています。
カイロがない時には、小さな湯タンポを使って、ひざに置いて、じんわりと身体があたたまるようにしています。

また、ストレスをためないように、睡眠時間を多く摂ったり、近所をウォーキングしたりして、簡単にできる運動や体調管理に気をつけています。
無理な運動を続けて、できないことをストレスに感じるより、簡単に取り組めるストレッチやヨガのポージングのおかげで、ぎっくり腰から解放されています。