放置は危険!急性的な腰の痛みは医療と腰痛マットレスで治す!

一時的にぎっくり腰になってしまったというような腰痛と違って、明らかに腰椎に原因があって起こるのが圧迫骨折です。

圧迫骨折は、大きな衝撃を受けて起こる場合もありますが、高齢になると骨粗しょう症が進行してしまうためわずかな動作で起こる場合もあるので、本人が気がつかない間に圧迫骨折が起こっているというケースもあります。
実際に圧迫骨折による腰痛は、個人差はあるものの、かなり強い痛みに悩まされ続けます。

そのため、強い腰痛が起きている間には寝返りも打つのも困難というような状態になってしまうことがあります。

実は病気なの!?急性的な腰痛とマットレスによる解決方法

youtsu

急性期の強い痛みがある時には、できるだけ安静にすることが治療になりますが、家庭での動作が困難な場合には入院も検討する必要があります。

もちろん、寝返りが打てない場合には自宅での暮らしを継続することがむつかしいということもあり、このようにひどい痛みに悩まされる場合には、まず、医療機関を受診する方が大半だと考えられます。

急性期には痛みどめの内服や湿布、注射が治療として行われますが、個人差もあるものの、急性期の痛みがある程度落ち着いてからは、リハビリを開始します。

リハビリも、個人の状態に合わせたものを理学療法士が考慮した上で指導をしてくれるようになります。

圧迫骨折した部位へ負担がかからないようにして、行われるのが普通です。

そのような場合も、腰痛マットレスを使うことで、多くの場合解決する事が可能となります。

しかし、腰痛マットレスを使っているからと言って、腰痛改善をやめてしまうのは絶対にやめましょう。

高齢者で体を支えることが腰痛によってかなりの負担となっている場合には、コルセットを装着する場合もあります。

コルセットの装着をすることによって、腰痛を軽減することもできます。

また、必要に応じて腰から胸まである装具屋で作成するコルセットを依頼することもできます。

このコルセットの場合には、長期にわたって装着するのではなく、医師の指導の下で数か月程度と決められているのでそれ以降は、強制力の弱いコルセットやベルト、マットレスも自分にあったものに変えるようになります。

このように圧迫骨折による腰痛の治療は、段階を応じて変わってくるのですが、基本的には、症状が少しでも落ち着いたらリハビリを開始して、筋力を落とさないようにするということが治療のポイントになっています。

圧迫骨折した箇所は、自然にくっつくようになりますが、高齢者の場合には、すでに骨が弱くなっているため、他の部位がまた圧迫骨折してしまうという可能性もあるので、無理な動作をしないなど注意が必要です。

また、同時に、骨粗しょう症の治療も並行して行うことも一般的です。

圧迫骨折による腰痛は、高齢者の多くの方が悩んでいますが、このような治療を継続して少しでも症状を和らげることが可能です。

女性は注意が必要!女性特有の腰痛があった!

koshi

気を付けなければならないのが、女性特有の腰痛には危険性もあるので注意が必要です

いつもすっきり解消しない、じわっと重く苦しいような、鈍い腰痛の経験はありませんか?時々感じるという方は要注意、それは腰や背中からくる腰痛ではなく、女性特有の病気からくるものかもしれません。

私はある手術をする数年前から、上記のような症状に悩まされていました。最初は、あれ、昨日の疲れがちょっと腰に残っているかな?ぐらいで日常生活に支障があるほどではありませんでしたが、整形外科にいってもマッサージにいっても運動をしても解消しない、いつもそこになにかがへばりついているような感じでした。当然ですが、生理の時や寒い時期はとてもつらく、湿布とカイロを同時に貼り、腹巻までしていました。

そしてある日、夏風邪で受診した内科で、思いがけずその正体があきらかになったのです。腹部エコーをとった医師に、「あなた子宮筋腫がありますか?」といわれ、「はい、でも健康診断などの定期検査では2センチ以下で経過観察中です」と答えた私に、思いがけない答えが返ってきました。「2センチどころじゃないよ、だいぶ大きくなってるから、早めにかかりつけにいって手術の相談をしてください」と言われ、突然のことで信じられなったのですが、紹介状を持って帰ってきました。

オリンピックを目指していマラソンを頑張っていいた時期もあるのでそれが腰痛の原因かとも疑いましたが、どうやら私の腰痛は病気だったのです。

後日かかりつけの婦人科に行った結果は私もびっくりするほど、たった1年で2センチから8センチに筋腫が成長していたのです。すぐに大きな病院に手術の予約を取り、術前検査に行きました。そこでの問診に、「この部位でこれだけ大きいと腰痛もあるでしょ、体がだるいのは当然として、排便の時に痛みがないですか?あと、何もないところでつまづいたり、腰に圧迫感ありませんか?」と聞かれてはっとしたのです。どれも心当たりがありました。

あの腰痛は、子宮筋腫からきていたのです。事実、手術後は以前の腰痛が嘘のようになくなり、不快感もありません。ずっと小さいままだった子宮筋腫が急に大きくなった原因は分かりませんが、東日本大震災のあった年ですので、当時沿岸部に住んでいて実体験としてその大きな被害を目の当たりにしていた私には、心身共に相当のストレスがかかり、それがホルモンバランスを崩す要因の一つとなって、体の弱いところ、ダメージのあるところに影響したのでしょう。

その際には、腰痛マットレスを使って寝ていたのですがなかなか改善まで時間がかかりました。やはり、腰痛とは中長期的に付き合っていくことが必須です。

災害に限らず、人生の節目や悲しい出来事を乗り越えたあと、表面には何も見えなくても、こころや体の奥には、大きな疲れやダメージが残っています。こころは時間が経てば少しずつ解消しますが、ちょっとした体の不調を本当の病気につなげないためにも、セルフケアで改善しない場合は、持病のある方もない方も、
たかが腰痛と考えず、一度は何らかの病気を疑ってみたほうがいいと思います。私のように、意外なところに原因が見つかるかもしれません。

腰痛にはマットレス!高反発と低反発どっちが人気?選び方は?

youtsu-chiryou

マットレスの種類は、年々多様化してきているのではないかと考えられており、多くの方面で関心が寄せられているのではないでしょうか。

様々な形式のマットレスが存在するようになっているため、自分に適したものを選択できる可能性が高くなることに直結していると推測されています。

反発度数では、特にマットレスの多様化に直結する部分が強いとされており、高反発のものから低反発のマットレスまで、幅広く揃えられているのではないでしょうか。

高反発マットレスも腰痛に効果的と言う整体師や医師もいますので自分にあったマットレスを選ぶのが一番です。

このようにして、マットレスのバリエーションが多様化したり、細分化されたりすることによって、それぞれの体の状況に合わせたマットレスを選べるのではないかと考えられています。

現在でも様々なタイプのマットレスが新たに開発されてきているため、この傾向が強くなってきているのではないかとみられています。マットレスを新たに購入する人からも、この傾向には強い関心が寄せられているのではないかと思います。

マットレスの形状やデザインなど、外観についても多様化が進行しているのではないかとみられています。

そのため、好みのマットレスを選ぶことができるケースが多くなってきていると考えられており、気軽に自分の使いたいマットレスを選べる環境が整えられることに繋がっているのではないかと思います。複数のマットレスを作る会社において、こうした傾向が確認されていると言えるのではないでしょうか。

マットレスの種類や使用されている材質が多様化する状況は、これからも活発に確認されていくのではないかと予測されています。機能性や外観など、複数の側面でマットレスのバリエーションが豊富になる可能性があるとされていることから、幅広い年代層の人々からの関心が示されていくのではないかと思います。

また、マットレスを自らの希望するものを選択しようとする人が増える直接的な契機になるとも考えられているため、この傾向は強く歓迎されるのではないかとみられています。

また、正しいマットレスを選択することによって、毎日の快適な睡眠を導くことに繋がるのではないかと考えられています。近年では、マットレスを正しく選択する人が多く見受けられるようになってきているため、このような傾向が如実なものとして見受けられているのではないかと推測されています。

マットレスによっては、反発の度合いや形状などが異なっているため、自分の体に合わせてマットレスを選び、快適な睡眠に繋げることが大事であると認識されているのではないでしょうか。

このような認識は、幅広い年代の人々によって抱かれているのではないかと思います。

そのため、以前に比べてマットレスは自分にフィットするものを選択するという傾向が強く確認されるようになり、その動向に対して関心が寄せられているのではないかとみられています。

年代に関係なく、マットレスを正しく選択することで快適に睡眠をとることに関与させられるのではないかとみられているため、注目を集めています。

特に、腰痛とマットレスには深い関係があるのは間違いがありません。実際に、人気の腰痛マットレスの専門サイトでも下記のように、同じように記述されています。

このように、腰痛とマットレスはきっても切り離せない関係がありますし、非常に重要です。

腰痛マットレスは自分の体形に合っているものを選ぼう!
人それぞれ体形は異なります。そのため自分自身の体形を理解した上でマットレスを選ぶ必要があります。

例えば身長や体重だけではなく眠り始めの姿勢、それから腰痛以外にも肩凝りなどの悩みがある場合はそれらを総合的に考える必要があります。
引用 腰痛マットレスの人気について

また、腰痛だけではなく、睡眠から健康的な暮らしを生み出すことは、以前に比べて多くの人々によってよく知られているのではないかと考えられています。

マットレスを選ぶ段階からこの認識が抱かれる傾向も強く見受けられていると考えられているため、積極的にマットレスを正しく選択する動きが見受けられているのではないかと推測されています。

マットレスを自分に合ったものに変えてから、睡眠の質を高めている人も多くなってきていると考えられています。

今後もマットレスから快適な睡眠を生み出す流れが、多くの方面で見受けられていくのではないかと予測されています。

そのため、これまで以上にマットレス選びを自らの意思で実践する人が多くなると予測されており、その動向に関心や興味が示されるのではないでしょうか。

快適な睡眠から腰痛対策など、健康的な暮らしに繋げるために、マットレスを有意義に選ぶ傾向が次第に強くなると考えられているため、期待が示されています。

腰痛マットレスを使って腰痛改善に成功する事が可能

youtsu-taisaku

私は10年ほど前から、腰痛と坐骨神経痛持ちになってしまいました。
それから私のマットレス選びの日々が始まりました。

本当に沢山のマットレスを買いました。
一番最初は、大手のショッピングセンターで置いてある、やや高めのマットレス。
日々通って、試しに寝転んで、考えまくって購入したものの、自分には合わず。

マットレスについて少し調べ始め、マットレスには、高反発と低反発があることを知り、次に買ってみたのは某有名な高反発のマットレス。
アスリートも使っているという宣伝文句もあり、これはいいかもと期待して買ってみたものの、アスリートが使って良いということは、筋肉のある方には向いているということなのか?私のように坐骨神経痛のあるペタンコ肉なしおしりには、なんとなく固すぎて、一晩寝て起きると、お尻がヒリヒリ痛みます。

これも駄目だったかと、次に選んだのが低反発のマットレス。
低反発なら柔らかいし、私のお尻にもいいかなと思い、楽しみに寝てみると、確かに沈んで柔らかくて気持ちがいいのですが、右に傾いたり、左に傾いたりするのが腰痛のある私には一苦労。
寝返りにいる力が、普通のマットレスよりもいるということがわかり、これも断念しました。

それからもいろんなマットレスを試しましたが、結局今、たどり着いたマットレスは、それほど高くない、三つ折りで腰の部分がやや硬めになっている、普通のウレタンのマットレスです。

腰痛マットレスを買うのは初めてでしたが、結果として自分の腰の痛みをやわらげてくれるマットレスと巡り合えて本当に良かったです。

自分に合ったマットレスが見つかるまで、西川布団のAIRやエアウィーヴ、トゥルースリーパーなど有名なマットレスから、モットンや雲の安らぎなどネット通販でしか買えないマットレスなど色々試しました。
これも私が理想の腰痛マットレスと巡り合えた要因だと言えるでしょう。

でもこれが意外とよくて、寝返りも適度にしやすいし、肩と足の部分は柔らかいので、首なども痛くならないし、腰の部分の硬さも、いろんなメーカーからいろいろな硬さが出ているので、自分に合う硬さが見つかるま何個か試しましたが、丁度良いのが見つかれば、すごくぐっすり眠ることができますよ。

私もようやく自分に合ったマットレスが見つかって、嬉しく思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です