みんな腰痛に悩んでいる!腰の痛みが怖くて大きく伸びをすることもできません!

みんな悩む腰痛の対策について

30歳を越えたころから、月に1度くらいのハイペースで、ひどく腰を痛めるようになってしまいました。
テーブルにあるものを取ろうとしたり、重いものを持ったりと、原因となる行動は、ほんのわずかな動作なんです。
しかし、そのほんのわずかな動作で腰に違和感が生じ、そのまま直立できなくなるのです。
治療をしなければ数週間その状態が続きます。
ひどいときは痛めた瞬間に、「ぐきっ」という感覚がはっきりと分かることもあります。

これまで、鍼やマッサージ、カイロプラクティック、など様々なものを試しました。どれも「治療」としては効果をあげてくれました。
中でも「鍼」は、直立できずに腰を曲げて訪れたのに、帰りにはすたすたと歩けるほどの効果で、初めて治療を受けたときはとても感動したものです。
でも、腰痛を繰り返してしまう状況には変化がなかったんです。

それが、ヨガに通うようになってから、腰を痛め頻度が格段に減ったのです。激しい動きではなく、とてもゆっくりとした動きのヨガでした。ヨガに通っていたのは実質1年ほどなのですが、その効果は大きく、それから数年は腰を痛めることはありませんでした。そのため、かなり快適でした。

しかし最近になり、また腰の調子が悪くなってきました。
今年に入ってから2度ほど、ぎっくり腰になっています。どちらも幸いコルセットをしただけで落ち着き、病院には行かずに済みましたが、ひどい痛みでした。
そして最近は、大きく伸びをしただけで、腰に痛みを感じるようになりました。そのため、しばらく、大きく体を伸ばすこともできずにいます。また腰を痛めてしまったら、と思うと、とても怖いのです。

ヨガをしていた時期に大きく改善したことを考えると、おそらく私の腰の痛みは、運動不足が大きな原因なのではないかと考えています。
考えてみたら、大人になってからは、なかなか定期的に運動することもありませんでしたから。
現在は、またヨガに通うことを検討しています。時間のあう教室がないようであれば、ジムに行くなどして、生活に運動を取り入れる予定です。
腰が痛いと、まっすぐ立つことも歩くことも難しくなってきます。ひどいときは寝ていてもつらいものです。
そうなってしまうと、仕事も家事も、何もできない状態となってしまうことから、本当に困ってしまいます。

腰の痛みによって生活に支障が出ることのないよう、なんとか時間を見つけて運動をしていきたいと思っています。

妊婦の悩み、それは腰痛

“現在二人目を妊娠中。来週には7カ月になります。
ありとあらゆるマイナートラブルの中でも、最近本当にツラいのが腰痛!
一人目の時は臨月になっても腰痛知らずだったんです。
「妊婦になると腰が痛いなんて言うけど、私は平気だな~」なんて思っていた。
仕事もしていて立ち仕事も多かったのに、全然平気だったんです。
ただ、産後に腰痛になって。それも整体に通ううちに2カ月ほどで治りましたが。

今回は、妊娠4か月くらいから腰痛出現。
前回の、産後の腰痛が再来したような痛みです。
左側の腰がピンポイントで痛むので、左足だけうまく前に出せない時がある!
歩き方がおかしいので、家族にも心配されています。
上の子がいるので、上の子のお世話の時に無理な体勢をとることが多く(トイレがまだひとりで出来ないので、トイレに座らせるために体を支えてあげたり)、それも腰痛悪化の原因かもしれない。
上の子に「抱っこぉ~」と言われると断れないしねぇ(汗)
出産したら満足に構ってあげられなくなるだろうから、今のうちにたくさん抱っこしてあげたい、という気持ちもあります。
「お母さん腰が痛くて、抱っこできないんだよぉ~」というと諦めてくれるときもありますが。

先日、妊婦健診を受けているクリニックで相談したところ、「トコちゃんベルト」を勧められました。勢いでその日のうちに購入!
妊婦に愛用者が多くて有名なあのベルトですね。
一人目の時は、これのお世話になるとは思ってもみなかったなぁ。

サイズはМサイズにしました。
骨盤を締めて大きくなってきたお腹を支えるようにつけるのですが、これが結構コツがいる。
下すぎると上手く歩けないしすぐ落ちてきてしまうし、上すぎると座った時にお腹が圧迫されて赤ちゃんが苦しくないか心配になります。
締め付けの強さも、何回かやって、やっとわかってきました。

1週間ほどつけて、ようやく腰痛が少し軽減されてきました。
やっぱり効果はあるみたい。
安い買い物ではなかったけど、産後の骨盤矯正にも使えるみたいだし、もとが取れるよう長く使おうと思っています。

ひとつ困っているのが、締めている部分の皮膚のかゆみがひどいこと!
もともと妊娠中に皮膚がものすごく痒くなる体質で(妊娠性掻庠というらしい)、特に下半身がかゆくなるもんだから、この腰回りの締め付けから発生するかゆさはなかなかつらいものがあります。
掻き毟っちゃって、皮膚はぼろぼろ・・・
まぁ、誰に見られるわけでもないんですがね。

早くこの腰痛から解放されたいなぁ・・・
妊婦はほんと大変です。

生理の時のひどい腰痛が産後治った

若い頃3回に1回くらいの割合で生理痛に悩まされていました。
私は腹痛より腰痛がきつくて、骨盤に近いところがギシギシと締め付けられるように痛かったです。
特に初日がもう地獄、寝逃げしたくても痛くてできないなんてこともありました。
当時は趣味でサルサを習っていたのですがこの腰痛があるときはとてもじゃないけど踊ることができず、
それを気にするあまりだんだんと踊るのが嫌になり、お教室をフェードアウトしてしまいました。

今にして思えばロキソニンを飲めばよかったのに、当時はかたくなに飲みませんでした。
理由は、痛み止めを頻繁に飲むと効かなくなると聞いたからです。
仮に効かなくなったとしても痛いんだから飲めばよかったのにと当時の自分に言いたいです笑
こんな噂を流した人はどういうつもりだったのでしょうか。

娘を生んだのは30歳目前の頃。
結構な難産で陣痛は来ては遠退き結局丸2日痛みに苦しみ、最後は促進剤で死ぬかと思いました。
陣痛が始まったときに思ったのは、これ生理痛の強いやつだということ。
今まで無駄に痛いと思っていたけれど大人の女性は妊娠前から出産の準備をしているんだなとちょっと感動しました笑

産後の生理は半年後に復活しました。
始まる2、3日前から気分がものすごく暗く、体全体が重くて何なんだろうと思っていたら生理が始まりました。
このときの体調不良は猛烈にきつかったです、頭痛、吐き気、全身のむくみ、ひどい眠気が襲いかかり、
ただただ気絶するように眠り続けて生理が終わるのを待ちました。

けれど、痛みがかなり軽減されていたのです。
腹痛は多少ありますが、腰がきしまないのでとても驚きました。
調べてみると、出産の時に子宮口が開くことで経血が出やすくなり、結果として生理痛が軽くなる人がいるそうですね。
とてもしんどい妊娠を乗り越えたおかげで思わぬごほうびを得ることができ、育児ノイローゼ気味の心が少しだけ前向きになりました。

産後すぐからなんの気力も出なかったのですが、また踊ってみようかなと思えるまでに回復したのです。
これには夫が喜んでくれ、僕もやろうかなと言い出しています。
憧れだった夫婦共通の趣味がもてそうなのも、腰痛が消えたから。久しぶりに楽しみな気持ちになれて本当に嬉しいです。

痛みというのは人生のクオリティを著しく下げるんだなというのを学びました。
今腰痛に苦しんでいる人には、我慢せずに痛み止めを利用し、病院などで根本原因を取り除くことを強くおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です