月別アーカイブ: 2016年9月

腰痛はスポーツをする上でも弊害になるーマットレスの見直しを推奨します

マットレスで人生が変わる!腰痛を治すにはこれだ!

ベッドを購入する時に、大型商品なので最寄りの家具店で選ぶという方が一般的かもしれません。
しかし、現在ではベッド通販の方が、取り扱い数も多いため多くの商品の中から検討できる魅力があります。
情報さえ沢山入手できるようにしておけば、ベッド通販での購入であっても満足のいくものを選べるようになります。
ベッド通販には、一般の家具店に比べると、取り扱い数が多いのが魅力です。
そのため、数ある中から絞り込んでいき納得のいった上でお気に入りの商品を見つけ出すことができるようになります。
また、それだけ取り扱い数が多いため、機能、収納、サイズ、材質などをしっかり見極めた上で購入できるようになります。
それだけ商品数が多いため、希望しているベッドを見つけやすくなるというメリットもあります。
このようにベッド通販には、様々な魅力があります。
実際に確認して購入することができないという点があるので、十分に情報を収集した上でし決めるようにすればすてきなベッドにめぐり会えるようになります。

マットレスや枕で快眠
夜なかなか熟睡できなかったので眠りやすくなるようにマットレスや枕などを買い替える事にしました。
身体に痛みがあったりするのもマットレスを交換することで解消されると聞いていたので、マットレスを
交換するために寝具販売店に行きました。オーダーメイドの枕は、首の高さなどを計測して作りました。
中身も自分で選ぶことができるので、柔らかい素材を組み合わせて作りました。それに合ったマットレスも
店頭で選んでもらう事ができ、実際に寝て確認することができたのでとても良かったです。
腰痛も良くなりますし、マットレスを選ぶのは真剣にしたいですね。

通販で購入してしまうと実際に家に到着してから使った時に思っている感じと違うなという事もあるので
購入する際には試せるほうが良いと思います。オーダーメイドで作っただけあって、とても寝心地が良いものになりました。腰痛などもあったのですが、マットレスと枕のおかげで改善しましたし、寝つきもよくなりました。
布団に入ってから1時間以上眠れない事もありましたが、比較的早く眠る事ができています。やはりマットレスや
枕はとても大切だと思いました。寝つきが良くなって睡眠がしっかりとれるようになると、翌朝も体がすっきりしていて仕事もはかどります。マットレスやマットの見直しは体調管理におすすめです。

今、使っているベッドは脚が付いているマットレスタイプのベッドです。
色が白なんですが、横が汚れると目立ってしまって、すぐに色が変わってしまって、見た目が悪くなってしまいました。
以前、使っていたベッドは、パイプベッドだったんですが、板の部分が壊れてしまって、今のベッドを買うことにしたんですが。汚れがひどくなってしまったので、またまた買い替えないといけないかなと考え中です。
ちょっとでも、長く使えるようにとマットレスタイプのベッドを買ったのになと思いながら、今は新しく買い替えるか思案中です。
以前のパイプベッドを使っていた時は、薄いマットレスも使っていたんですが、汚れた時などに洗濯などは、できないので買い替えやすい物のほうが便利だなと思ってます。
腰も痛めたりするので、固すぎるベッドも嫌なので、どんなベッドがいいのか難しいですよね。

koshigaitai
あまり高いベッドは買えないしで、買い替えたいけどという、もどかしい気持ちです。
ベッドって、どれぐらいのタイミングで買い替えるのか気になるんですよね。
脚が付いているマットレスタイプのベッドって、オシャレだなと思って買ったんですが、そんな汚れるとは思ってなかったので、想定外のことで頭を抱えています。
今は、犬もいるので汚れやすいのかもしれませんが、これからベッドを買うためにベッド貯金でもしようかなと考え中です。
いろんな通販のカタログなど見て、どんなベッドがあるのか見てるとなかなか決めれないですし、いいなと思うベッドは良い御値段なんですよね。
あと今使ってるベッドを捨てないといけないので、1人では処分するのは無理ですし、誰かにお願いをしないといけないので、通販では処分もしてくれるところって、なかなかないので、今のベッドを買ったところなら処分もしてくれるので、同じところで買うしかないかなとも考え中です。
一度でいいから欲しいベッドを買いたいなと思ってるので、頑張ってベッド貯金をしようと思います。

腰痛で断念せざる負えなくなったロンドンオリンピック

私はけっこうひどい腰痛者だと思います。腰痛歴も長く、高校2年生頃から痛みだしたような気がします。原因として思いつくことは一応あるんです。私はスポーツをしていたので身体を酷使するのが当たり前になっており、練習の中でも腰に負担がかかることもしょっちゅうでした。
腰にひねりを加える動作やエビぞりのような姿勢になったりと優しくない動きがありました。
症状としては、布団から起き上がれない、呼吸をすると腰が痛む、気を付けの姿勢から少し頭を後ろに傾けるだけでなんとも言えない痛みが走るなど日常の生活の中でも困るような感じでした。
病院や治療院にも通いました。診断は腰の骨の一部が欠けているのでソレが神経に触り痛みになっているらしく、加えて背筋が弱いため腰に負担がかかっているということでした。その後はコルセットを付けてみたり、背筋を鍛えるトレーニングを増やしたりといろいろチャレンジしてはみましたが、まったく治る気配がなく、最終的には痛み止めにどっぷり頼るのが当たり前になっていました。
大学に入ったころには同じスポーツをしていた腰痛に悩む仲間ができ、いろいろとアドバイスをもらいました。

本当はロンドンオリンピックを目指していたのですが、腰痛になったおかげで念願のオリンピックも我慢せざる負えませんでした。
練習前には温める、ウォーミングアップを入念に行う、練習後はしっかり冷やす、おすすめの治療院も紹介してもらいました。
そこは整体や鍼灸などを行っており、スポーツ障害についても見識のあるところだったようでした。私が主にしていた治療は、マッサージと針と電気でした。気持ちよかったのでいえば針に電気を流す治療が一番でしたね。終わったあとは少しズシンと重たい違和感が残りましたが時間がたつと身体が軽くなっていくのがわかりました。
それからなんやかんやで十数年続けていたスポーツも引退したんですが、結局腰は完治はせず、今も布団から起き上がるのにも一苦労するほどの痛みと戦っています。
現在は治療院などにはいかず、湿布や痛み止めなどでごまかしながら生活しています。

私の腰痛はマットレスで完治した

もともと肩こりもちの私。それでも腰痛とは縁遠い生活をしていました。

自分が腰痛で悩まされる日が来るなんて、考えてもみなかった。
でも、両親ともギックリ腰になってるし、40歳とかになったらわからないなぁ~くらいにしか思ってなかった。

現在、私は2児のママ。
一人目を26歳、二人目を29歳で出産しました。
毎日毎日、腰痛と戦っています。
転機が訪れたのは、一人目を妊娠中でした。一人目を授かった時は、事務の仕事をしていたので、日中はフルタイムでデスクワークをしていました。
5ヶ月を過ぎた頃から、お腹もふっくらしてきて、徐々に腰に負担が来るようになりました。
ずっと座っていることで、足もむくんで、下半身がダルく、肩から腰はバッキバキ。。。
どんどん大きくなる自分のお腹の重さに耐えかねて、私の体は悲鳴をあげはじめました。
それでも妊娠中なので気軽にマッサージや整体に行くこともできず、ただただ我慢する日々。
そもそも、家の近くにマタニティ対応のマッサージ店はありませんでした。
どうしても辛いときは、リスク覚悟で旦那に横向きで指圧してもらったりしていました。
「いつまでこんな日々が続くんだー!?」というのが、当時の私の正直な気持ちでした。
それがまさか、その後ずっと付き合っていくことになるとは…
出産後、パンパンだったお腹も元通り(?)になり、多少は和らいだものの、抱っこひもの多用や授乳体勢の日常化により、腰痛はなくならず…

そしてそのまま第2子妊娠!
すでに腰痛がある状態からの妊娠生活は、一人目の時以上の苦痛を強いられることになりました。
まず、妊娠初期から、硬い床に寝そべると、腰が痛くて寝返りもできないし、起き上がることもできない事がはじまりました。
夜布団で寝ていても、痛さで寝返りができないから、その度に目が覚めて寝不足になるし、朝起きて立ち上がることもできない。。。
どうなってるんだ妊娠中の体は…と愕然としました。
お腹が大きくなりはじめると、一人目の時には感じなかった股関節の激痛が!
痛くて歩けないし、変な歩き方をしてたら腰もどんどん痛くなって…もう早く生まれてー!と思ってしまいました。
二人目も無事出産し、その後は股関節はぱったりとおさまりした。
それでも腰痛は残ったままだったので、産後骨盤矯正に通うことにしました。
通いはじめて1ヶ月たった頃からか、腰痛もかなりましになり、骨盤の開き具合もおさまってきたとの事だったので、家計の負担を思い、整体通いは一時中断しました。
通わなくなって1ヶ月…またもや毎日の腰痛と戦っています。何事も継続しないと意味がないんですね。

結局、整体師に勧められた腰痛マットレスを使ったら面白いように腰の痛みもなくなりました。感謝です。

睡眠の質を上げながらも腰の痛みをやわらげてくれる腰痛マットレスの効果

新しく購入した腰痛マットレスと驚きの効果について

一人暮らしから同棲になったためベッドを買い替えることにしました。もともと使っていたのは貰い物のシングルベッドだったので、2人で寝ていると狭くて身動きがとれないために体が痛くなってしまいます。爆睡も出来ないので、連日寝不足になってしまいした。
ですが買い替えるにあたり問題が一つ。それは、私は転勤が多いためあまり大きいものは買えません。引っ越し業者さんに引っ越しは頼みますが、トラックも大きくなってしまうかもしれませんし、ベッドが入らないことによってアパートやマンションの選択肢も限られてしまうかもしれないからです。
私は悩んだ結果、セミダブルサイズで何かいいのがないか探してみることにしました。家具屋さんに足を運んで実際に物を見てみたりネットで探したりと色々なベッドを比較検討して悩んだ結果、組み立て式のセミダブルサイズのベットを買うことにしました。
マットレス一体型でマットレスと足に分解できるの物です。買う時に店員さんに「マットレス一体型は別型よりも痛むのが早くなりますよ」と言われましたが、出来るだけコンパクトになることを取りました。マットレス部分も半分になるので、転勤族にはぴったりです。
お取り寄せになるということで数日待ち、いざ商品引き取り、組み立てという段階で問題が・・・。
足を組むのはネジ式になっていて、回して差し込むのですが、何度やっても空回りして入りません。全力で押し込みながら回しましたが(他の足を入れる穴が少しきしんで押し込まないと入らなかったため)入りません。よくよく見ると、ねじ切りが無くつるつるしているじゃないですか。これでは入るわけもなく、前に使っていたベッドはすでに解体済みだったので、買ったお店に連絡しました。すでに夜の8時ごろだったので、どういう対応をされるか予測がつきませんでしたが、ねじきりを作りに来てくれました。無事、ねじ切りが作られ足がはまりその日の寝るところが確保されました。
いざ寝てみると、想像より柔らかく寝心地もよかったので大満足です。

ちょっと衝動買いを我慢して睡眠の優先順位を上げよう☆

産後1年ちょっとして現在まで関節性リウマチを患っています。リウマチというのは、寝たり休んだりすれば痛みが引くものではなく、むしろ朝の寝起きが一番痛みが走ります。寝る角度やマットによって痛みが全く違うのでベッドにはこだわっています。まずマットのない和式の布団だと、同じ体勢のままで横になると肩が凄く痛くなり翌日腰も痛くなります。ですのでセミシングルタイプのベッドを2つくっつけて、下のマットやカバーはクイーンサイズにして固定し、家族3人でクイーンサイズのベッドにして寝ています。

ちょっと高いマットレスを使うと寝心地も良いし、腰痛にも効果的なので結果安い買い物となるのは間違いありません。

和式の布団よりベッドの方が格段に楽で、腰の痛みも違います。ベッドのスプリングも沈み込み過ぎず硬すぎないスプリングを使用しています。ベッドだけでも和式に比べれば随分楽なのですが、同じ体勢のままだと肩が痛いし寝返りを打つたびに腕や腰に痛みが走るので、それを緩和する為にショップジャパンのトゥルースリーパーライトを使用しています。なぜライトにしているかというと、トゥルースリーパーは持ち運びも重たく厚さが5㎝あるので、いざ廃棄する時には重たくて手間がかかるし、普段管理するのも大変だからです。それから価格もクイーンサイズのベッドに合わせようと思ったら、トゥルースリーパーの価格も大変上がるので、ライトで一番大きいサイズを購入して使う事にしました。価格も高くなるので私の方だけベッドの下にトゥルースリーパーライトを敷いて寝ています。ライトは女性1人の力でも持ち運びも破棄もしやすく、価格も手軽なのでお勧めです。これを下にひくと少々寝返りをうっても痛みが走らなくなり、腰の痛みも軽減しました。肩への負担も少なくなり、朝起きて腕や肩が痛くなる事もなくなりました。また疲れが取れやすく、気持ちよくすぐに寝付けるようになりました。
私自身が病気だからマットにもこだわっているのもありますが、独身でOLをしている時も体が疲れすぎてしんどかったので、少々無理をして質の良いベッドを購入して寝ていました。毎日の事ですし、元気で過ごす為にも睡眠は大切です。疲れが取れないまま次の日に仕事にいっても、いいアイディアも浮かばないし、イライラするし、普段しないようなミスをしたりといい事がありません。結局は自身の幸せの為にも睡眠にはこだわりたいですね。優先順位の問題ですので、少々ランチやディナーを我慢すればマットも購入出来ます。買いたい服も少し我慢して少し睡眠に重点をおいてこだわりたいものです。

腰痛とは17歳から20年の付き合い!でも腰痛マットレスを使ったら治った!

高校生の頃、腰痛が自分にも訪れるなんて想像もしていませんでした。その為、毎日眠るベッドは寝心地云々の前にまずはビジュアルがオシャレであることのみ重視!アムラー世代の為、とにかく厚底ブーツで渋谷を歩き回る。。そんな生活を送っていたある日、いつものように朝起き上がろうとしたら経験したことのない痛さに襲われ動けない。。それをギックリ腰と呼ぶなんて知るわけもない私は霊にとりつかれたと真剣に思いました。17歳で初めてのギックリ腰を経験してから20年、今でも1年に2度くらいはギックリ腰に襲われ、ヒールを手放すことができない為、アウトレットへ行き1日歩き回ると冷や汗が出るほどの腰痛に襲われています。中でも1番辛かったのは4年前に娘を出産してからです。おかしな体勢での授乳、寝かしつけ、オムツ替え、沐浴、育児には腰痛の敵のオンパレードでした。里帰り出産をせずに嫁ぎ先で出産し、産後5日で退院してきてからは身体をやすめることなく育児、家事、全てを誰の手も借りられずにこなしていた為、腰はガクガクだったと思います。首が座るまえの娘を左腕で抱きながら右手で食事の準備は当たり前でした。。毎日が忙しすぎ、慌ただしすぎで自分の腰痛に向き合うことすらできなかった日々が2年近く続いてしまった為、今では腰痛ベルト、コルセット、ピップエレキバン、お灸、鎮痛成分入り湿布・・・、腰痛対策はほぼ全て試しており、どれも手放せないものとなっています。そして20年前にはビジュアルのみで選んでいた寝具も今では腰痛対策がメイン、とにかくギックリ腰にならないように固めのマットレスを選んでいます。周りの同世代の友人で同じ悩みを抱えている人は聞いたことがなく、腰痛談義は母ほどの年齢の知人と分かち合っています。治療院でケアしてもらうとしばらくは良くなるのですが、育児中の為、金銭的に継続して通うことができず困っています。。何か良い方法はないのか?20年解決できない悩みとなっております。1番申し訳ないのは、4歳16キロの娘を思う存分抱っこしてあげられないのが情けないです。。。背中に乗せて馬さん歩きも一瞬しかしてあげられないし、おんぶも短時間でギブアップ。ママとの触れ合いの記憶が娘に残らないのでは。ととても心配になっています。ママだっていっぱい抱っこもおんぶもお馬さんも一緒にジャングルジムもやりたいんだよー。ってピップエレキバンのシールを貼り変えながらため息をつく毎日です。しっかり固定してくれる完璧な腰痛対策ベルト、どこかにないでしょうか。。。
ですが、腰痛マットレスを使うことで見事に腰の痛みを治す事に成功したのです。

これからも腰痛マットレスを使い続けていけたらいいな。