睡眠の質を上げながらも腰の痛みをやわらげてくれる腰痛マットレスの効果

新しく購入した腰痛マットレスと驚きの効果について

一人暮らしから同棲になったためベッドを買い替えることにしました。もともと使っていたのは貰い物のシングルベッドだったので、2人で寝ていると狭くて身動きがとれないために体が痛くなってしまいます。爆睡も出来ないので、連日寝不足になってしまいした。
ですが買い替えるにあたり問題が一つ。それは、私は転勤が多いためあまり大きいものは買えません。引っ越し業者さんに引っ越しは頼みますが、トラックも大きくなってしまうかもしれませんし、ベッドが入らないことによってアパートやマンションの選択肢も限られてしまうかもしれないからです。
私は悩んだ結果、セミダブルサイズで何かいいのがないか探してみることにしました。家具屋さんに足を運んで実際に物を見てみたりネットで探したりと色々なベッドを比較検討して悩んだ結果、組み立て式のセミダブルサイズのベットを買うことにしました。
マットレス一体型でマットレスと足に分解できるの物です。買う時に店員さんに「マットレス一体型は別型よりも痛むのが早くなりますよ」と言われましたが、出来るだけコンパクトになることを取りました。マットレス部分も半分になるので、転勤族にはぴったりです。
お取り寄せになるということで数日待ち、いざ商品引き取り、組み立てという段階で問題が・・・。
足を組むのはネジ式になっていて、回して差し込むのですが、何度やっても空回りして入りません。全力で押し込みながら回しましたが(他の足を入れる穴が少しきしんで押し込まないと入らなかったため)入りません。よくよく見ると、ねじ切りが無くつるつるしているじゃないですか。これでは入るわけもなく、前に使っていたベッドはすでに解体済みだったので、買ったお店に連絡しました。すでに夜の8時ごろだったので、どういう対応をされるか予測がつきませんでしたが、ねじきりを作りに来てくれました。無事、ねじ切りが作られ足がはまりその日の寝るところが確保されました。
いざ寝てみると、想像より柔らかく寝心地もよかったので大満足です。

ちょっと衝動買いを我慢して睡眠の優先順位を上げよう☆

産後1年ちょっとして現在まで関節性リウマチを患っています。リウマチというのは、寝たり休んだりすれば痛みが引くものではなく、むしろ朝の寝起きが一番痛みが走ります。寝る角度やマットによって痛みが全く違うのでベッドにはこだわっています。まずマットのない和式の布団だと、同じ体勢のままで横になると肩が凄く痛くなり翌日腰も痛くなります。ですのでセミシングルタイプのベッドを2つくっつけて、下のマットやカバーはクイーンサイズにして固定し、家族3人でクイーンサイズのベッドにして寝ています。

ちょっと高いマットレスを使うと寝心地も良いし、腰痛にも効果的なので結果安い買い物となるのは間違いありません。

和式の布団よりベッドの方が格段に楽で、腰の痛みも違います。ベッドのスプリングも沈み込み過ぎず硬すぎないスプリングを使用しています。ベッドだけでも和式に比べれば随分楽なのですが、同じ体勢のままだと肩が痛いし寝返りを打つたびに腕や腰に痛みが走るので、それを緩和する為にショップジャパンのトゥルースリーパーライトを使用しています。なぜライトにしているかというと、トゥルースリーパーは持ち運びも重たく厚さが5㎝あるので、いざ廃棄する時には重たくて手間がかかるし、普段管理するのも大変だからです。それから価格もクイーンサイズのベッドに合わせようと思ったら、トゥルースリーパーの価格も大変上がるので、ライトで一番大きいサイズを購入して使う事にしました。価格も高くなるので私の方だけベッドの下にトゥルースリーパーライトを敷いて寝ています。ライトは女性1人の力でも持ち運びも破棄もしやすく、価格も手軽なのでお勧めです。これを下にひくと少々寝返りをうっても痛みが走らなくなり、腰の痛みも軽減しました。肩への負担も少なくなり、朝起きて腕や肩が痛くなる事もなくなりました。また疲れが取れやすく、気持ちよくすぐに寝付けるようになりました。
私自身が病気だからマットにもこだわっているのもありますが、独身でOLをしている時も体が疲れすぎてしんどかったので、少々無理をして質の良いベッドを購入して寝ていました。毎日の事ですし、元気で過ごす為にも睡眠は大切です。疲れが取れないまま次の日に仕事にいっても、いいアイディアも浮かばないし、イライラするし、普段しないようなミスをしたりといい事がありません。結局は自身の幸せの為にも睡眠にはこだわりたいですね。優先順位の問題ですので、少々ランチやディナーを我慢すればマットも購入出来ます。買いたい服も少し我慢して少し睡眠に重点をおいてこだわりたいものです。

腰痛とは17歳から20年の付き合い!でも腰痛マットレスを使ったら治った!

高校生の頃、腰痛が自分にも訪れるなんて想像もしていませんでした。その為、毎日眠るベッドは寝心地云々の前にまずはビジュアルがオシャレであることのみ重視!アムラー世代の為、とにかく厚底ブーツで渋谷を歩き回る。。そんな生活を送っていたある日、いつものように朝起き上がろうとしたら経験したことのない痛さに襲われ動けない。。それをギックリ腰と呼ぶなんて知るわけもない私は霊にとりつかれたと真剣に思いました。17歳で初めてのギックリ腰を経験してから20年、今でも1年に2度くらいはギックリ腰に襲われ、ヒールを手放すことができない為、アウトレットへ行き1日歩き回ると冷や汗が出るほどの腰痛に襲われています。中でも1番辛かったのは4年前に娘を出産してからです。おかしな体勢での授乳、寝かしつけ、オムツ替え、沐浴、育児には腰痛の敵のオンパレードでした。里帰り出産をせずに嫁ぎ先で出産し、産後5日で退院してきてからは身体をやすめることなく育児、家事、全てを誰の手も借りられずにこなしていた為、腰はガクガクだったと思います。首が座るまえの娘を左腕で抱きながら右手で食事の準備は当たり前でした。。毎日が忙しすぎ、慌ただしすぎで自分の腰痛に向き合うことすらできなかった日々が2年近く続いてしまった為、今では腰痛ベルト、コルセット、ピップエレキバン、お灸、鎮痛成分入り湿布・・・、腰痛対策はほぼ全て試しており、どれも手放せないものとなっています。そして20年前にはビジュアルのみで選んでいた寝具も今では腰痛対策がメイン、とにかくギックリ腰にならないように固めのマットレスを選んでいます。周りの同世代の友人で同じ悩みを抱えている人は聞いたことがなく、腰痛談義は母ほどの年齢の知人と分かち合っています。治療院でケアしてもらうとしばらくは良くなるのですが、育児中の為、金銭的に継続して通うことができず困っています。。何か良い方法はないのか?20年解決できない悩みとなっております。1番申し訳ないのは、4歳16キロの娘を思う存分抱っこしてあげられないのが情けないです。。。背中に乗せて馬さん歩きも一瞬しかしてあげられないし、おんぶも短時間でギブアップ。ママとの触れ合いの記憶が娘に残らないのでは。ととても心配になっています。ママだっていっぱい抱っこもおんぶもお馬さんも一緒にジャングルジムもやりたいんだよー。ってピップエレキバンのシールを貼り変えながらため息をつく毎日です。しっかり固定してくれる完璧な腰痛対策ベルト、どこかにないでしょうか。。。
ですが、腰痛マットレスを使うことで見事に腰の痛みを治す事に成功したのです。

これからも腰痛マットレスを使い続けていけたらいいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です